Mac OS X 10.9 Mavericksへのアップグレード

 β版を使っていた時から特に問題も起きていなかったので、正式版リリースに伴いMacbook ProのOSを入れ直してみた。プレインストールのOSがMountain Lionだったのでリカバリー直後にMavericksへアップグレードしたんだけれど、ちょっと問題が発覚。

  • アンチウイルスソフト

 これまではSophosの無料版を使っていたんだけれど、Webに記載されている対応バージョンは10.8まで。いくつかググってみると、avast!の無料版が公式に10.9対応していたのでそれを入れてみることにした。Windows版ではほんの一時期使ってみただけなので良い/悪いという印象どちらもないので、これから評価という所です。

 Ver.5でも動いてはいたけれど、お布施のつもり(というか、Player Plusのライセンス目的で)でProfessional版へアップグレード。いつものごとく?バージョン直後にVMWare Toolsのインストーラが暴走してCPUを食っちゃうのは何とかならないかなぁ・・・。

  • L-02Cドライバ

 実はこれが未解決。
 10.8の時はdocomoから公式対応したドライバーが出ていて、それが10.9のβ版でも使えていたんだけど、OS再インストール後にドライバをインストールしてもシステム環境設定のネットワークにL-02Cのモデムが出てこない。あの時は、10.8の状態でインストールして、10.9へバージョンアップしたんだっけ?
 モバイルルータでも良いのだけれど、自分しか使わないのが分かっているならば、セキュリティやWiFiチャネルのバッティングを考えるとUSBモデムの方が良いんだけど・・・。docomoが公式に対応版をリリースしてくれるかな?


その他の環境は、おいおい様子を見てという所ですが、今のところ致命的なトラブル等は出ていません。