読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ultra VNCの設定

 Ultra VNCをインストールした後、デフォルト設定では日本語入力がONにならない、入力した文字の表示が遅いなどの問題があったので設定をちょっといじってみた。LAN上での設定なのでWAN超えの場合はもっと違う設定にしなければならないかもしれないけど、とりあえずこれを自分のデフォルト設定にしよう。


  • 設定環境

 ・Ultra VNC Ver.1.1.9.6 for Windows 32bit
 ・OSはいずれもWindows 7 Professional
 ・同一LAN上での設定

  • Server側(制御される側)の設定

 いずれもVNCインストール後にスタートメニューに作られる、UltraVNCグループ内の「Edit Settings」から

 1.Networkタブ
   ここはデフォルトのままで変更はありません。
   f:id:mskz_iwmr:20140217011510p:plain

 2.Securityタブ
   接続パスワードとViewOnlyモードでの接続パスワードを入力。
   接続する人が限定されるのであれば同じで構わない。
   f:id:mskz_iwmr:20140217012115p:plain

 3.Inputタブ
   ここもデフォルトのままで変更はありません。
   Inputに「Japanese」とありますが、Viewer側の設定で日本語入力が出来るようになるので
   オフのままです。
   f:id:mskz_iwmr:20140217012157p:plain

 4.Connectionタブ
   複数の人が同時に接続する場合は変更しますが、ここもデフォルトのままで変更はありません。
   f:id:mskz_iwmr:20140217012657p:plain

 5.Screen Captureタブ
   Pollingの「Poll Full Screen」チェックをオフにします。
   代わりに「Poll Foreground Window」と「Poll Window Under Cursol」をオンにします。
   これでアクティブウインドウの描画変更だけがViewer側に伝わるはず。

   同じタブのAdvancedにある「Remove Aero wile connected」と
   「Remove Wallpaper wile connected」をオンにします。これで余計な画面情報の転送が減るはず。
   f:id:mskz_iwmr:20140217013232p:plain

 6.Misc/logginタブ
   ログ保存に関する設定なので、ここもデフォルトのままで変更はありません。
   f:id:mskz_iwmr:20140217013630p:plain

  • Viewer側(制御する側)の設定

 接続画面で「Options」ボタンを押します。
 f:id:mskz_iwmr:20140217014545p:plain

 ここにある「Japanese」キーボードをオンにします。
 これで、「Alt+全角/半角」キーを押して日本語入力ができるようになります。
 f:id:mskz_iwmr:20140217014405p:plain

 余談ですが、接続する際の画面で「Save connecton settings as default」のチェックをオンにして接続しないと、Options画面で設定した内容を忘れてしまうようです。