読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ultra VNCの自動インストール

IT

 最近、VNCの設定に関して検索した結果から私のBlogにたどり着いている方がいらっしゃるようなので、調子に乗ってVNC関連の記事をもうひとつ。以前必要に迫られてVNC Serverの自動インストール方法を調べた結果を備忘録がてらまとめておきます。

 自動インストールの手順の概略は次のとおりです。

  1. 無人インストール設定ファイルを作成する
  2. VNC Serverの設定を行い設定ファイルを抽出する
  3. 自動インストールのパッケージを作成する

 なお、作成に使用した環境は次のとおりです。

  • Windows 7 Professional 32bit
  • Ultra VNC Ver.1.2.0.5
  • Explzh Ver.7.17


1)無人インストール設定ファイルを作成する

 a)適当なフォルダを作って、VNCインストーラをコピーします
 b)コマンドプロンプトを開いて、a)のフォルダに移動します
 c)次のコマンドでVNCインストーラを実行します*1

UltraVNC_1_2_05_X86_Setup /SAVEINF="unattended.txt"

 d)VNCインストーラが起動したら、インストールオプションを選択してインストールします*2


2)VNC Serverの設定を行い設定ファイルを抽出する

 a)インストールが完了したら、接続パスワード等必要な設定を行います
 b)別のコンピュータから接続できることを確認しておきます
 c)VNCの設定ファイルを抜き出します。インストール先を変更していなければ下記です*3

  C:\Program Files\uvnc bvba\UltraVNC\UltraVNC.ini


3)Explzhで自動インストールのパッケージを作成する

 a)C:\Tempフォルダを作り、次のファイルを保存します。
  ・UltraVNC_1_2_05_X86_Setup.exe
  ・unattended.txt
  ・UltraVNC.ini
 b)同じフォルダに"VNC_Install.bat"ファイルを作成し、下記を入力します。

cd /D C:\Temp
UltraVNC_1_2_05_X86_Setup.exe /LOADINF="unattended.txt" /VERYSILENT

net stop uvnc_service
copy UltraVNC.ini "C:\Program Files\uvnc bvba\UltraVNC" /Y
net start uvnc_service

 c)ExplzhでC:\Tempフォルダごと自己解凍形式で圧縮します。
  圧縮時のオプションは、下記画像を参照してください。
f:id:mskz_iwmr:20150102084322p:plain
f:id:mskz_iwmr:20150102083810p:plain
f:id:mskz_iwmr:20150102083818p:plain



 以上で作業は完了です。作成したVNC_Install.exeを配布して実行すればOKです。Windowsのファイアーウォール設定は元々のVNCインストーラがやってくれているので問題ありませんが、ルータのポートを空けるなどは別途必要かと思います。

 通常、こういうソフトはHDDのマスターイメージに組み込んで展開をかけるんでしょうけれど、すでに展開済みの環境に後追いで入れる必要がある場合、エンドユーザに確実に作業を行ってもらうためには手数を減らす必要があるため、苦肉の策としてこんな方法を採りました。

*1:インストール完了後、"unattended.txt"という名前で無人インストール設定ファイルが作成されます

*2:"Server Only"でしか確認していないので、その他のオプションを選択した場合の動きについては不明です

*3:32bit OSの場合です