読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電王戦FINAL第1局

将棋

 昨日行われた電王戦FINAL第1局、斉藤5段が勝ちましたね。米永先生の時代から数えて、人間側が大きく負け越しているので何とか頑張って欲しいと思っていたので、まずは良いスタートを切れたのではないかと思います。対局の内容は、途中寝ちゃってたし、そもそも将棋を語れるほど詳しくはないので細かな点についてはどうこう言えませんが、アルゴリズムの隙を突いて「ハメた」という内容ではなく、斉藤5段が実力で勝ちきったという印象を受けたのも、良い勝ち方が出来て良かったかなと思います。
 
 一方、終盤素人目に見ても投了すれば良いのにと思えるような状態になり、ニコ生のコメントにも批判するような内容の物が見受けられました。確かに見ていて「無駄な時間」だとか「人間の感性では見苦しい」と感じられなくもないのですが、最後の詰みまでやりきるというのはコンピュータらしくもあり、それはそれで良いのでは無いかと個人的には思っています。
 
 終局後の記者会見の最後で、Apery作者の平岡さんがソースコードオープンソースとして公開するつもりであるようなことを話していました。本当に公開されるかどうかはまだ分かりませんが、公開されたらちょっと見て見ようと思っています。ソースを読んで理解出来るとは思えませんが・・・。