読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ultra VNCの小技

IT

 Ultra VNCを使う上でのちょっとした小技です。既に既知の情報かとは思いますが・・・。


■接続先設定の保存

 前準備として、VNC Viewerのインストール時に、拡張子「.vnc」ファイルに関連づけをしておきます。
f:id:mskz_iwmr:20150316001705p:plain

 接続相手先のコンピュータに接続した状態でタイトルバーを右クリックし、「Save connection info as ...」を選択して適当な名前を作成して保存します。
f:id:mskz_iwmr:20150316002230p:plain

 接続パスワードを保存するか確認されるので、保存する場合は「はい」を、セキュリティ不安がある場合は「いいえ」を選択します。
f:id:mskz_iwmr:20150316002323p:plain

 接続情報がファイルに保存されます。「.vnc」ファイルに関連づけがされている場合VNCのアイコンになっているはずなので、このファイルをダブルクリックすれば、相手先に接続出来ます。
f:id:mskz_iwmr:20150316002510p:plain



■接続先の複製

 上記で作成した「.vnc」ファイルですが、実はただのテキストファイルです。なのでメモ帳等で開くことが出来ます。2行目に、接続先のIPアドレスまたはホスト名(設定ファイルを保存する際、接続時に指定したIPアドレスまたはホスト名)が書かれているので、ここを修正して保存すれば、同じ接続設定で接続先が違う相手先の接続ファイルを複製して作ることが出来ます。
f:id:mskz_iwmr:20150316004236p:plain

 ユーザーサポートで、接続設定は同じだけれど、接続先だけが違う相手先が複数ある場合、こうやってあらかじめ接続先の設定ファイルをコピーして作っておいたりします。