読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows 8.1で何もしていない時にCPU使用率が15%程度になっている

 Windows 8.1のPCで、常時CPUの使用率が15%位になっているので気味が悪いなと思ってググってみたら、IPv6をオフにするかホームグループを終了させるとCPU使用率が下がるとの事だったので試してみたら、

  • ホームグループを終了してIPv6をON → 下がったCPU使用率が上がらない


ということで、ホームグループへの参加が原因のよう。意図して設定したつもりはないので、デフォルトでONになっていたのかな。
ホームグループでのファイル共有は便利なのかもしれないけれど(実は使ったことない)、自宅はMacとの混在環境だし、ファイル共有用にはhpのMicro Server置いてあるから、ホームグループはOFFのままでいいや。