Selene史上初の入玉宣言勝ちを収める

 機能のコンピュータ将棋選手権2次予選にて、電王戦FINALにも出場したソフトSeleneが史上初となる入玉宣言勝をあげたそうです。
 この入玉というのは私も最近まで知らなかったのですが、自玉が相手陣の3段目までに入った後、自らが宣言してその裁判上の駒をポイント計算して勝敗を決めるルールだそうです*1。ポイント計算なので勝敗判断はコンピュータの得意とするところではありますが、今回Seleneが達成したすごい点は、入玉したら勝てそうという判断と、そういう指し方をしたという2点です。将棋は相手の玉を詰ませるというゲームですから、入玉で勝ちというのは別の考え方をしなければならない異なるゲームで勝ちを狙って勝ったという事になります。
 Seleneは電王戦FINALで、不成を無視して王手放置による反則負けをしてしまいました。今回のバージョンがそこからの改良版かどうかは分かりませんが、成果を出してくる開発者の西海枝さんはすごいと思います。

*1:ポイント計算方法や実際の勝敗決定に関しては、もっと細かな規定があるようです