NieR:Automata さて"2週目"だ 【超ネタバレあり】

 まさか最後に製作スタッフ相手に戦うことになるとは・・・。

 と、書くとプレイしていない人には何が何だかわからないと思いますが、プレイした人には「あんなエンディングがあるとは思ってもみなかった」と同意してもらえるかと。

 このゲーム、複数エンディング(どうやらAからZらしい)あり、A~Dが本編を最後まで進めた場合のエンディング。E~Zは途中でゲームを継続できなくなったケース(プレイヤーが死んでしまうなど、所謂バッドエンド)のようです。本編を最後まで進めた場合のエンディングのうち、Aは「2B」でプレイして到達するエンディング、BはAエンディングと同じシナリオを「9S」で進めて到達するエンディング。そしてCとDはエンディングBの続きで、途中の選択肢で分岐するエンディングでしたが、エンディングDには"その後"があるD’とでも言うべきエンディングがあります。で、このエンディングD’に到達するまでに通る道が冒頭に書いた「製作スタッフと戦う」必要があります。

 シナリオのエンディングを迎えると、最後に製作スタッフの名前が出るスタッフロールってのがありますが、エンディングDではそのスタッフの名前が敵キャラクターになり、シューティングゲームとして敵キャラクター(製作スタッフ)を倒す必要があります。すべての敵キャラクターを倒すと、エンディングD’になります。

 このエンディングD’に向かうためのシューティングゲームがとんでもなく難しく、多分何もなしでクリアできる人はほとんどいないんじゃないかな。やられてゲームオーバーになると、他プレイヤーの協力を仰いで再プレイできるのですが、私も他プレイヤーの協力があって、やっとクリアできました。

 で、驚きの内容にさらにプラスアルファがあって、シューティングゲームで他プレイヤーに支援を仰いでクリアすると、エンディングD’を見た後にゲーム中に出てくるサポートキャラクターが話しかけてきます。その内容は、あなたが他のプレイヤーの支援をしますか?というもの。ここで「はい」を選択すると、どうやら他のプレイヤーがシューティングゲームで先に進めない時に、協力するために登場するようになるみたいです。

 そこまでならば「いい話」で済みそうなのですが、そうなる(他プレイヤーに協力するようになる)ためには条件としてセーブデータを削除するとのこと。まさか冗談だろうと思いましたが、本当に削除してくれました(笑)。タイトルに"2週目"と書いたのはそのためです。セーブデータが消えてプレイする前の状態になってしまったので、再度スタート位置に立ってやりなおしということです。いや、まさか、そんな落ちを用意しているとは全く思いませんでした。まあ、セーブデータは消えるのですが、PS4のシステムとして"トロフィー"というゲーム内でクリアした結果(例えば、登場するアイテムをすべて集めたとか)のデータがあり、それは残るので全くのゼロ状態に戻ったわけではないですけどね。

 シナリオも面白かったですし、予想外のあっと驚かせる仕掛けもあるなど、かなり楽しませてくれるゲームです。これで\7800円は安いと思います。