Intel製CPUに深刻な欠陥

 新年早々、なにやら大きなニュースが出てますね。

www.techpowerup.com

 英語が苦手なのでGoolge先生に翻訳してもらいましたが、簡単に言うと以下らしい。

  • 2007年以降のIntel製CPU(仮想化機能を持っている物が該当するのでほぼ全部?)が該当
  • (本来は読み取られるはずのない)仮想マシン間でメモリが参照できてしまう
  • 影響を受けるのはLinuxだけではなくWindowsも影響を受けるため、Microsoftは昨年11月から修正パッチの作成をしている
  • パッチを適用すると、パフォーマンスが30~35%低下してしまう
  • AMD製CPUはこの影響を受けない

 データセンタの仮想サーバ(AWSとかazureとかのクラウドサーバ)への影響について書かれている記事なので、個人でデスクトップ用途に使っているPCでどの程度の影響が出るのかは書かれていないので不明ですが、VT-xに関する不具合のことだと思うので、Hyper-VとかVMware ESXiとか使ってない限りは問題ないんじゃないかなぁ?Windows上で動くプログラムが、ほかのプログラムのメモリを読み取れるかは、また別の話のような気がするし。