SIMカードの挿せるPCって便利ですね

 ちょっとした紆余曲折があり、13インチのvaioを購入しました。
 Internetへの接続はスマホテザリングでも可能なのですが、たかだかON/OFFの切り替え操作が面倒臭いというだけの理由で、LTEモジュールを内蔵してSIMカードを挿せるものにしました。

 LTEモジュール内蔵のノートPCという条件であれば、LenovoThinkPad X390等も候補*1になるのですが、I/Fがどんどん簡略化されていっているのが気になって、今回はvaioを選びました。その昔、C1*2を使っていた時期があり、それ以来久しぶりのvaioなのですが、あれは何年前だっただろう?


f:id:mskz_iwmr:20190720131819p:plain
右側面

今時、アナログRBGのポートが付いているって凄くないですか?プロジェクターの入力にHDMIの物が多くはなりましたが、やっぱりアナログRGBもあると安心ですね。LANポートは付いている機種が他にもありますが、本体を薄くするために特殊な形状になっている物もあります。それらの場合は変換ケーブルを必要とするので持ち物が増えたり、使用時に微妙に邪魔だったりするのが嫌なんですよね。


f:id:mskz_iwmr:20190720132528p:plain
左側面

電源は専用のコネクタです。最近はUSB Type-C(PD)の物が増えてきていますが、個人的にはACアダプタ挿してポートを塞いでしまうのであれば、電源の専用コネクタでいいんじゃない?と思ってます。USBも全てType-Aです。一つぐらいType-Cがあっても・・・なんて色気を出さない割り切りがいいですね。


f:id:mskz_iwmr:20190720133357p:plain
裏面

SIMカードスロットは裏面のアナログRGBポート付近にあります。SIMカードのサイズはMicro SIMでした。
SIMカードはどうしようか迷ったのですが、会社の同僚がX390で相性問題?で試行錯誤していたのを見ていたので、手間のかからなそうな同時購入できるオプション品のプリペイドSIMにしました。これ、nuroモバイルなのかな?


f:id:mskz_iwmr:20190720134209p:plain
NW接続

Internetへの接続は、画面右下のNW接続アイコンをクリックして「携帯ネットワーク」をONにするだけです。と言っても、自宅など接続したことのあるWiFiが使える場所ではWiFiが優先されて、WiFiが無いところはLTEを使うみたいです。そのため常時ONにしっぱなしにしているので、設定ON/OFFの手間すらありません。


I/Fが充実していると変換ケーブルを持ち歩く必要がないし、PCを開けばどこでもすぐにInternet接続できるのは快適そのものです。もちろん、電波の届かないところはダメですけどね。

*1:実は赤ポッチ大好き

*2:「バイオC1」 PCG-C1MSX